善玉菌のエサになるオリゴ糖

善玉菌の働きを助ける菌があっても、元となる乳酸菌やビフィズス菌を増殖できないと役に立ちません。善玉菌は、糖類を栄養分として腸内の働きを活性化させます。糖類には、砂糖やグラニュー糖などさまざまなものがありますが、単糖類、2糖類とよばれる分子構造をしているものは、胃や小腸で分解されてしまうため、大腸まで届いて善玉菌のエサとなることができません。その点、オリゴ糖は、砂糖より分子が大きい多糖類であり、分解、吸収されにくいため、善玉菌が生息している大腸までしっかりと到達することができます。肉類のタンパク質やアミノ酸をエサとする悪玉菌と異なり、オリゴ糖は善玉菌のエサにしかならないため、オリゴ糖を摂取しても悪玉菌が増殖することもありません。

オリゴ糖をエサとして活性化された善玉菌は、乳酸や酢酸などの酸を生成するため、腸内を悪玉菌が生息しにくい弱酸性に変えることができます。また、生成された酸が腸を刺激してぜん動運動が促進されることによって排便が促され、便秘の症状を改善することができます。便秘が解消されると、腸内に腐敗した便が停滞することが少なくなり、悪玉菌が徐々に減少していきます。反対に善玉菌が増殖して腸内細菌のバランスが整い、理想的な腸内環境となるのです。