善玉菌と悪玉菌のバランス

便秘の解消や予防に必要不可欠となるのが腸内環境を整えることです。どんな人の腸にも善玉菌と悪玉菌は生息しています。常にバランスを保ちながらいい関係で共存しているわけではなく、隙あらば勢力拡大ができないかともくろんでいる状況にあります。善玉菌、悪玉菌、ともにさまざまな種類があるため、同じ菌同士で戦うこともあります。種類ごとに密集した縄張りである腸内フローラを隙間なく作っており、片方が増えるともう片方が減るという状況が常に繰り返されています。また、腸内の菌の70%を占める日和見菌も存在しており、腸内フローラが不安定となり、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れた際に、勢力を誇示してきます。腸内フローラの優勢な方と同様の働きをする性質があるため、悪玉菌が優勢な状態になると、その働きをサポートするようになります。

善玉菌や、生命や健康を維持するために必要となる物質を産生しており、代表的なものにビフィズス菌があります。乳酸菌や納豆菌、酵母菌や麹菌なども善玉菌の仲間であり、発酵食品が体にいいと推奨される所以がここにあります。善玉菌は、ビタミンやホルモンを産生するほか、消化吸収や脂質代謝、免疫の活性化や腸のぜん動運動などにも大きく関わっています。一方、悪玉菌は、腸内で有害物質を産生し、長い年月をかけて腸壁の細胞を傷つけます。また、悪玉菌は腸内をアルカリ性にする性質があるため、免疫機能も下げてしまいます。いかに善玉菌優位の腸内環境を維持するかが便秘の解消や健康の維持の鍵を握っていると言えるでしょう。