善玉菌の種類

腸内を善玉菌優位に保つことで便秘や下痢などの症状を解消したり、予防したりすることができます。善玉菌、これまでに約500種類ほどあることが確認されています。その代表格としてさまざまな商品が販売されているものに、乳酸菌とビフィズス菌があります。また、腸内でよい働きをする善玉菌を活性化させる菌を普段の食事から摂取することができます。納豆に含まれている納豆菌は、糖質やタンパク質を分解して消化を助けるため、腸内の腐敗便を排出するのに効果があると言われています。乳酸菌やビフィズス菌が多く存在する状況で納豆菌が役立つため、その元となる菌を増やすことが大切です。

酵母菌は、発酵する過程で資質や糖分、カロリーを分解してアミノ酸やクエン酸、有機酸や炭酸ガスなどの有益な成分を生成します。腸内で善玉菌を活性化させるだけでなく、老化の原因とされる活性酸素を抑える作用も期待できます。麹菌は、菌の中で生成されたタンパク質を菌の外へ分泌する機能に優れていると言われており、多種多様な酵素タンパク質を生み出すことができます。これら、納豆菌や酵母菌、麹菌は糖化菌と呼ばれているもので、変性や熱の影響を受けることなく、安定した状態で腸まで届くことができるとして有益であるとされています。